当人任せにせず親もしっかり関与することが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 当人任せにせず親もしっかり関与することが大事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
当人任せにせず親もしっかり関与することが大事中学受験.com



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5261339344755132"
data-ad-slot="8607544234">

長男が2年前に中学受験をし、次男が今回中学受験を予定してます。

この2回の経験から、中学受験にはある程度親が関与しないといけないと感じました。

長男の時は自分から中学受験を目指したいと言って来たこともあり、ほぼ自主性に任せていました。

塾を変えたいと言えば変えさせたし必要な参考書も自分で選ばせました。勉強計画も自主性に任せて「自分で決めた受験なんだから自分で考えて悔いの無いように頑張れ」としか助言をしませんでした。

その結果は不合格でした。自主性を重んじようとしたのですが、やはり所詮小学生です。言われなければ動けない点があっても当然です。

実は私自身にも中学受験の経験があり、当時は塾も無く親も共働きでかまってもらう余裕も無く、全部自分で考えて行動した記憶があるので子どもにもそれが出来ると思い込んでいた部分もあったのだと思います。

そこで次男の場合には「ああやれ、こうやれ」とかなり口を出すようにしてみました。

本人はうっとおしがっていますが、もともとの成績が長男より良かったこともあり当然のように中学受験を受け入れているので、嫌々ながらもかなりの時間勉強をしています。

その結果、模試ではかなりの好成績を収めており期待が持てる状況になっています。

最終的にはまだ分かりませんが、高校受験と違って小学生が受ける試験なので、やはり親がしっかり関わってやらないといけないと感じました。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5261339344755132"
data-ad-slot="8607544234">

カテゴリー: 中学受験と親 | コメントをどうぞ

せっかくだから中学受験と塾について語るぜ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - せっかくだから中学受験と塾について語るぜ!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
せっかくだから中学受験と塾について語るぜ!中学受験.com



中学受験の塾中学受験を考えていなかったのですが、子供が低学年の時に、「中学受験してみたい」と言いました。最初は驚いていたのですが、本人が言い出したので親子で話し合い塾に行かせることにしました。

塾選びからはじめ、全く無知な我が家は、お友達に相談したり、調べたり実際に見学したりして決めました。

塾の評価も気になるので、通っていたこのお母さんから情報を得たりするのも良かったです。子供もお友達から、どこの塾がいいとか話をしていたようで何箇所か実際に体験させてみました。子供が、ここの塾と体験した中で良かった所を選びました。

うちの子が通っている塾は、「普通教科」「受験対策教科」の2クラスあり「普通教科」の場合は、学校で習う事の予習復習なのですが、「受験クラス」は、学校で習ったこと以上のことをするので、塾の宿題がとても多いです。

夏休みや冬休みは「強化合宿」があって泊りがけで合宿があります。最初受験コースのペースに追いついて行くのが大変だったわが子、毎日夜遅くまで塾の宿題をこなしていき、わからないところがあれば、塾に早く行き先生に質問をしたりしてしました。

私達夫婦は見守ることしかできませんが、時々、周りのお受験ママ達との考えのギャップについていけませんが、私は今のままでいいと思っています。

中学受験で私まで頑張りすぎてしますと、わが子が息が詰まってしまうと思うので、私は見守りだけです。でもあと1年しかないので、実際は母が一番、眠れない時期を過ごすのだと思います。



カテゴリー: 中学受験と塾 | コメントをどうぞ

良い中学受験 勉強法、悪い中学受験 勉強法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 良い中学受験 勉強法、悪い中学受験 勉強法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
良い中学受験 勉強法、悪い中学受験 勉強法中学受験.com

無料体験授業好評受付中!

勉強する小学生勉強時間の量よりも質を大切にしているので、夜遅くまで勉強をさせることはしません。

夜はゆっくりお風呂に入って早く寝ます。

夜遅くまでおきていると朝なかなか起きられず、集中力がなくなってしまうので返って逆効果なんです。

夜は早く寝て朝早く起きて30分でもいいので集中して勉強するようにする。

夜も何時に寝ると決めてその時間まで勉強すると決めて勉強するようにします。

勉強もただやみくもに覚えるのではなく、今日はここまでにしようと決めてこれはどうだったかななど疑問が残る所は調べていくなど、計画的に勉強していきます。

その時によって計画通り勉強できない時もあると思うので、臨機応変に対応していきます。

暗記するより理解できるように勉強をしていければいいんじゃないかなというのが私の考えです。

出来たことをすごいと沢山ほめることも子供にとって自信がつくと思います。

大事なのは必要以上に親が干渉しないこと。

受験するのは子供なので親は受験に万全に備えられるようにうまくサポートをして上げられるようにすることが大事です。

親との絆も受験にはすごく関係してきます。

食事もお腹にたまるものより消化にいいものを作ります。

お腹にたまるものだと集中力が散漫になり眠たくないやすいのです。



カテゴリー: 中学受験の勉強の方法 | コメントをどうぞ

お父さんのための公立の中高一貫校へ進むメリット講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お父さんのための公立の中高一貫校へ進むメリット講座
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
お父さんのための公立の中高一貫校へ進むメリット講座中学受験.com



最近は中高一貫の公立学校がどんどん増えてきています。

それまで中学受験といえば私立がほとんどでした。

それにより家庭環境などによって受験を控えざるを得ない子供が多数存在し、才能を開花するきっかけを摘んでしまっていたのですが、公立の中高一貫校が出来た事により学費を抑える事が出来、多くの子供達が受験する事が可能となったのです。

中学から一貫校へ入学する事によって高校受験の煩わしさが無くなり、学業面においては自分の得意科目を更に伸ばす事が可能になり、部活動や趣味などに没頭する事も出来ます。

またクラスメイトとも長く付き合っていく事になるので友情がとても深まります。

今現在、小学校に通われているお子さんをお持ちのご家庭においては公立一貫校への進学を強くお勧めします。

一貫校という事もあり学力はそれなりに伸ばす必要がありますので、お子さんのレベルに合わせた塾を選びましょう。

多人数クラスの塾はどうしても個人レベルの底上げをする事は難しいので個別指導を行っている塾や、塾より多少お金がかかってしまいますがマンツーマンでの家庭教師を利用すると学力アップを見込む事が出来ます。

家庭内においても勉強をし易くする空間を作ってあげるのもとても大切ですので、是非実践してみてください。



カテゴリー: 中高一貫校へ進むメリット | コメントをどうぞ

ぐに使える中学受験 手引きテクニック7選

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ぐに使える中学受験 手引きテクニック7選
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ぐに使える中学受験 手引きテクニック7選中学受験.com



授業中まず、中学受験をさせる親として、子供にどうして中学受験をさせたいのか
どんな学校があって、まず子どもにどうさせたいのかきちんと教え、希望を
きくということが大事だと思います。

どんなにこちらが、私立のいいところへいってもらいたくても、勉強するのは
本人で、行きたいという強い気持ちがないと、勉強をしていけないと思うのです。

また、手引きとして、まずは学校見学をたくさんさせる。公立と私立の違いを
徹底的におしえ、利点をメリットがあるということを教えながら
自分のいいと思った学校を探させるということもあると思います。

もちろん偏差値的に、行ける学校は限られてくるので、見学にいっても
どこでもはいれるわけではないので、入れそうな偏差値の学校を見極めて
同じようなレベルの中から、文化祭や、説明会などで学校に行って
雰囲気なども子供としてもつかんでおいてもらうことが大事です。

できるだけ志望校を早くきめることも、本人のモチベーションをあげることになる
ので、難しいと思いますが早めに決定して、そこの学校ででる問題などを徹底的に
調べ、塾ももちろんいきますが、家庭教師も最後にはつけることも大事かと思います。

学校によって、出る傾向が違うので、それをプロの目で見極め勉強させるのが
ラストに大事です。

中学入試『10倍分かる過去問(映像授業)』首都圏110校・4年分 算・理

カテゴリー: 中学受験と子供のやる気 | コメントをどうぞ